ブログトップ | ログイン

フレリノ日記

frerino.exblog.jp

カテゴリ:わたくしごと( 9 )

お花のギフト

敬愛する方から、お花のギフトが届きました。
突然のことでびっくり。
そしてお花の美しさとその人から届いたたーくさんの愛に感激。

e0108657_13334439.jpg
頂いた愛は、たくさんの方に繋いでいきますね♪
by frerino | 2009-07-19 13:33 | わたくしごと

対話

e0108657_917317.jpg
「あなたのここでの仕事は患者さんと話をすることです」
これは今の職場のオリエンテーションの時、上司から言われたこと。

言葉でも、言葉を使わなくても、、
優しさと温かさと軽やかさを持って、目の前の方と向かい合いたいと思う今日この頃。
by frerino | 2009-05-13 09:17 | わたくしごと

大阪へ

今日はフレリノにお留守番をお願いして、ダンナと大阪に行ってきました。
向かうは食博。

e0108657_2224467.jpg
運転で飲めないダンナに代わってお酒もいろいろ試飲。
タコス、ミーゴレン、タイラーメン、天むす、いろいろ食べまくり~。
あるブースではトミーズの雅さんも焼きそばを焼いていたりとお得感いっぱい(笑)
楽しいイベントでした。

e0108657_22242558.jpg
次に海遊館へ。
私は初めてだったのですが、ここも楽しかった~。
いろいろなカラーの生物を見ながら、その多様性と
この世界に生きるのは人間だけじゃないんだなぁと当たり前のことに感激。

e0108657_22244264.jpgせっかく大阪に来たんだからと堂島ロールも買いに行きました。15分待っただけで買えてラッキー。
噂はかねがね聞いていたのですが、やっと口にできました。
あぁ、至福の時。
by frerino | 2009-05-07 22:25 | わたくしごと

転勤

4月からかねてから希望の精神科へ転勤することになりました。
内示が出たのが昨日。転勤だったら連絡が入ることになっていたのですが、
なかなか連絡がなく、がっくりしていた夕方過ぎにやっと携帯が鳴りました。

昨年10月に意向調査で転勤したい旨は伝えていたものの
それ以降ICUに異動になったりして、先が見えない状態で過ごしていました。

あああ~、本当に嬉しいです。

辞めないでよかった(笑)
by frerino | 2009-03-21 00:30 | わたくしごと

サンキャッチャー

友人4人で集まり、サンキャッチャー教室。
ワイワイ楽しくおしゃべりしながら、出来上がったのはこんなの!
教えてくれた友人は、初めての教室開催。
これを足がかりに、今後もっと主宰していきたいと考えているそうです。応援してるよ ~。
e0108657_18142749.jpg


e0108657_18145270.jpg




e0108657_18152319.jpg

by frerino | 2009-02-11 23:08 | わたくしごと

妹と

e0108657_17142824.jpg妹がやってきました。
普段はあまり須磨界隈でのんびりすることもないので、今回はいい機会ということで
駅まで迎えに行ったついでに、いろいろ立ち寄ってみました。













須磨海岸。

e0108657_17144715.jpgそして海岸沿いにあるカフェでランチ。

e0108657_1715378.jpg一度も行ったことのなかった須磨寺と商店街を散策。

e0108657_17152732.jpg家に到着するとウハウハ待ち構えていたお二人さん。
良かったね!
by frerino | 2009-02-05 23:59 | わたくしごと

2月から

e0108657_23584577.jpg
フレリノが「今を生きる」ように、一瞬一瞬を大切にしながら日々を過ごしていきたいものです。

わたくしごと
by frerino | 2009-01-30 23:58 | わたくしごと

北海道土産

e0108657_21571818.jpgダンナ、北海道へのスキー旅行から帰宅。
お土産に依頼していた花畑牧場の生キャラメル、50分ほど並んで買ってきてくれました。
うしし、今から食べます。
ありがとね。

久しぶりのダンナとの再会にフレリノの興奮もMAXでした(笑)
by frerino | 2008-12-20 21:57 | わたくしごと

送別会

e0108657_21472944.jpg
11月までいた病棟が開いてくれた送別会に出席。
看護師になって8年と8か月。ずっと同じ部署で働いてきました。

みんなの顔眺めながら、なんて素晴らしい仲間に囲まれていたんだと
あらためて感謝。
それぞれお世話になった方と話しながら泣き笑いの時間となりました。

患者さんとちょっとした会話で笑い合ったり、夜勤時美しい日の出をともに眺めたり、
大変なこともありましたが、仕事の喜びはそういった患者さんと過ごす何気ないことにありました。今の部署ではちょっと難しいことかもしれないので、そのことは残念ですが、
こうやって送別会を開いてもらったことが、自分の中でも区切りとなったようです。
新しい環境はまだまだ慣れずかなりの緊張感の中で過ごしているのが実情ですが、
私なりにやっていこうと受け入れることができつつあります。
by frerino | 2008-12-19 23:59 | わたくしごと